Maker's shirt 鎌倉

番外編

【番外編:繊研新聞より】技術の高さに自信もて


《欧米市場に挑戦を》 メーカーズシャツ鎌倉会長

国内でのものづくりが進まないのは日本のアパレルメーカーが海外市場に進出する際、欧米の先進国ではなく、新興国を選択していることと無関係ではない。
当社は昨年秋冬、ニューヨークに海外初出店をした。米国人は大雑把な印象があるが、日本人が想像する以上に品質に厳しく、あなどれない。そういった中で、当社のメード・イン・ジャパンのシャツを高く評価してもらえた。
他のアパレルメーカーの経営者も欧米市場に挑戦し、肌で感じてほしい。

~中国市場でいいのか~

日本のアパレルメーカーの中国進出をジャーナリズムも評価する向きもあるが、洋服文化の後進国で成功したとしても意味がないのではないか。
欧米のアパレルも中国などアジアへの参入を強めており、日本が競争に負け、凌駕(りょうが)される可能性もある。
ブランドエクイティーも落ちかねない。

大半のアパレルはものづくりを商社に丸投げし、コスト増を回避してきた。
SPA(製造小売業)による原価率20%以下で粗利益率を6割残すという経営は、企業としては正しいかもしれないが、顧客にとって正しいのか。店頭でプロパー消化率50%を切る状況が健全をいえるのか。

セールの問題もしかり、アパレルメーカーの自滅の構造は「VAN」倒産のころから変わっていない。
日本市場が飽和状態だから海外進出するというが、まだまだやれることはあるはず。
ものづくりから真剣に取り組んでいるところが少なすぎる。
いくつかのアパレルメーカーでは、さらに国内工場を閉鎖するところもある。いくらメード・イン・ジャパンの良さを訴えてもむなしくなることがある。それこそ作り手と売り手がウイン・ウインの関係になるのは難しいだろう。
こういう状況でファッションの世界はハッピーなのだろうか。

~信頼関係が不可欠~

いいものを作るには作り手と売り手の気脈が通じてなければならない。「この人のためならここまでしよう」という信頼関係が不可欠だ。現在は単なる取引相手というだけで、効率を重視するあまり、作り手の意向も変調してしまう。
アパレルメーカーのトップが生産現場に行かないのも問題だ。作る機能に関心がない人が多すぎる。
このままでは作って売るではなく仕入れて売る企業になってしまう。
その際、安くて、納期どおりで、クレームのない程度の品質という低い基準になりかねない。

当社のニューヨーク店オープン時には日本のシャツ縫製工場やボタンや芯地など副資材メーカーなどパートナーである作り手のみなさん(25人)にも米国まで来てもらった。店舗のウインドーに飾ったシャツを見た米国人からは、「細かいステッチがきれい」「昔のブルックスブラザーズのようだ」などと日本の縫製技術の高さが注目された。
作り手のみなさんも自分たちが作った商品がトラッドの本場である米国・ニューヨークの消費者に評価されるのを目の当たりにし、理屈でなく「未来への光」を実感してもらえたと思う。

2013年1月24日 繊研新聞(693号)より

【番外編:出石尚三】豆腐とパンとシャツ~ニューヨーク進出~


江戸の町で朝がはやかったのは、豆腐屋である。これはもう言うまでもなく、毎朝の仕度に欠かせなかったからだ。味噌汁の具にし、またそのまま食べることもあっただろう。

なにごともその道その道でのご苦労はあるらしく、豆腐屋は声が良くなくてはならなかった。朝まだき、「エー、とうふィー、とうふィー」と呼び歩くのだけれど、どうしたって声の、調子の良いほうの豆腐屋を呼びとめたからであろう。あの、豆腐屋のラッパがいつごろからはじまったのかは知らないが、江戸のころにはそれぞれに地声を張りあげたのであるらしい。

巴里で朝がはやいのは、ブウランジェ(パン屋)だろうか。これもまた、豆腐と似ている。巴里では、と言うかフランスでは、朝起きてすぐのカフェ・オ・レと、焼き立てのブリオッシュは欠かせない。もちろん好みによってバゲットのこともあり、クロワッサンのこともあろうが。ブウランジェは呼び込みこそしないが、まだ暗いうちからあのパンが焼ける独特の佳い香りが流れてくるから、すぐに分かる。

そしてニューヨークで意外に朝がはやいのが、シャツ屋。これは広く洋品店ではなく、「シャツ専門店」。もちろんすべてのシャツ専門店がと、断言するつもりではないが、少なくとも東京をはじめとする他の都市ではあまり見かけないことである。どうかすると九時、八時、七時に店が開いていたりする。それが実に、ちゃんと客が入っているのである。いや、その時間に客の来ることが分かっているからこそ、店のほうでも開けるのであろうが。

ニューヨークのビジネスマンは割合、朝がはやい。たとえば重役ともなると朝食ミーティングというのも珍しくはない。あるいは朝一番で、重要会議があったりする。昼は仕事で忙しく、夜はエクササイズなどに励む。となれば少し時間を繰り上げて、朝の時間を有効に使おうというのである。ニューヨークのビジネスマンが朝はやくから人に会うのは、一つの特徴と言って良いかも知れない。

さて、そのブレックファースト・ミーティングなどで必要になるのが、シャツ。もちろん、スーツも、タイも、シューズも疎かにして良いわけではないが、まずはシャツなのだ。ニューヨークっ子が全体の服装の中でシャツに重きを置くのは、まず間違いないところである。これから百万ドルの商談をしようというのに、いささか年期の入ったシャツで相手に会おうという発想は、真っ当なビジネスマンなら持っていない。エリート・ビジネスマンであればあるほど、シャツに対して誰よりも潔癖な考え方を持っている。

このシャツに対する潔癖症はどうも、ロンドンやパリやミラノなどに較べても第一位であるように思われる。結局のところ、ニューヨークのエリート・ビジネスマンにとっての理想は、真新しいシャツを毎朝着ることではないか。そうも考えたくなってくるのである。新しいシャツには、新しいシャツならではの匂いがあるもので、おそらくニューヨークのビジネスマンは、あの新しい匂いに逆らいがたい魅力を感じるのであろう。

白い、出来上がったばかりの、新しいシャツ。それはちょうど日本人にとっての朝一番の膳の上の豆腐の白さ。フランス人にとっての焼き上がったばかりのブリオッシュの匂いにも匹敵するのではないだろうか。それはともかく、ニューヨークにはニューヨークの、シャツの文化があることは間違いない。

『ホワイト・カラー』は今も生きている言葉であろう。が、これはれっきとしたアメリカ生まれなのである。アメリカの作家、アプトン・ビール・シンクレア(1878~1968年)が、1919年の著作で『ホワイト・カラー』を象徴的に使ったのがはじまり。アメリカ人は、他の人たちよりもずっとシャツが、カラーが気になるのだろうか。

『ホワイト・カラー』のついでに、というのではないが、『ブルー・カラー』。これもまた、そもそもはアメリカ語なのだ。1950年、『タスカルーサ・ニューズ』の中で使われたのが、最初であるという。ただしこれには若干の誤解が含まれているかもしれない。『ブルー・カラー』はブルー・カラーなのだけれど、もともと作業着としてのオーヴァーオールズ(つなぎ)の襟を指していたのだそうである。

ホワイト、ブルー、とくれば当然、『ピンク・カラー』にもふれておくべきであろう。『ピンク・カラー』は本来、「女性に向いた職種」の意味であるらしい。もちろん1970年代にはじまったアメリカ語であることは言うまでもない。しかし、そうではあるのだけれど、今、まさに『ピンク・カラー・ワーカー』とも呼ぶべき現象が、深く、静かにはじまっているのではないだろうか。

それは女性のビジネス・ウェアにおける傾向。現在は、女性のエグゼクティブが珍しくはない時代である。では、彼女たちはいったい何を着るべきであるのか。すでに広い意味での「スーツ」を着はじめていることは、言うまでもない。そうなると「スーツ」にもっとも収まりが良いのはやっぱり、「シャツ」なのであって、これからは一段と女性用のドレス・シャツの需要が殖えるだろう。これを私は半ば冗談に、『ピンク・カラー』と呼びたいのである。

「シャツのカラーは、ネクタイの結び目の下でピン留めされている。こんなスタイルのアメリカ人を何度かテレビで見たことのあるダニーロフは、こうしたシャツがモスクワでも手に入らないものだろうかと思った。もっとも今朝にかぎっては、どんなものでもきれいなシャツさえあれば満足していただろうが。」
(ブライアン・フリーマントル著、松本剛史訳『猟鬼』新潮文庫)

これはモスクワ民警の大佐、ディミトリー・ダニーロフ。いわばこの物語の主人公でもある。おそらくは『ピンド・カラー』(アイレット・カラーとも)のシャツを眺めている場面であろう。その相手はラルフ・バクスター。ロシアの、アメリカ大使館勤務の書記官という設定である。ロシア人であるディミトリー・ダニーロフは、そのアメリカ人のシャツの襟に、眼が釘づけになったのだ。「欲しい!」と思ったに違いない。しかし現実は。

ロシア民警の大佐、ダニーロフは、朝、仕事で、アメリカ大使館へ行こうとして、着てゆくシャツがないことに気づく。妻のオリガは彼のシャツを洗濯していなかったのだ。ダニーロフはアメリカ大使館へ行くのに、きれいなシャツを着て行きたかった。それで仕方なく、何日か前の、もうすでに洗濯籠に入れてあった、縞柄の、袖口が擦りきれた、皺くちゃのシャツを引っ張り出す。オリガにアイロンを掛けてもらうために。これでひと悶着おきるのだが。まあ、そんな家庭の事情もあったために、余計、ラルフ・バクスターの白い、ピンド・カラーのシャツが眩しく見えたのであろうが。

もっともフリーマントルが『猟鬼』を発表したのは1992年のことである。今のロシアのビジネスマンの、シャツ事情がそうであるわけがない。第一、これはスパイ小説というフィクションでもあるのだから。しかしロシアであろうと、はたまた日本であろうと、ビジネスマンにとっての毎朝は、小さなシャツ戦争でもあるのだ。誰だって、少しでも新しい、立派な、佳いシャツを着てオフィスに向かいたいのである。そのあたりの男の心理をさすがに苦労人の、ブライアン・フリーマントルはうまく描き出しているではないか。

そしてこの話には続きがあるのだ。いや、しゃれたオチと言っても良いかも知れない。『猟鬼』の主人公であるロシア人、ディミトリー・ダニーロフはアメリカでの、与えられた任務に成功するのである。で、どうするのか。小説の最後の部分。

「好みのシャツを三枚手に入れ―一枚は襟元をネクタイの下でピン留めするもの―オリガのために香りを買った。」(前掲書)

当時のロシアでは売られていなかったかも知れないお気に入りのシャツを、手に入れるのである。その中の一枚は、かねて憧れて眺めたことのある、ピンド・カラーのシャツ。そして妻のオリガには、香水。これでたぶん妻は、ダニーロフのシャツを洗うなり、クリーニング店に出してくれることであろう。

余計なことではあるけれど、ダニーロフは三枚のシャツを買ってよかった。一枚のシャツではどうしてもそればかりに袖を通す結果となって、痛みがはやいからだ。もし可能ならば、お気に入りのシャツは1ダースお求めになるようおすすめする。結局は、そのほうが永持ちするからである。

絹か、木綿か。これは日本人にとっては、大問題なのだ。もちろん絹ごし豆腐と、木綿ごしの豆腐。どちらでも同じ豆腐であることに変わりはないではないか、などという日本人は誰ひとりいない。湯豆腐であれ、冷やっこであれ、「絹」と「木綿」とでは、大違いなのだ。

つまり、それほどに日本人の感覚は細くて繊細なのだ。それはシャツの生地の選び方ひとつ、シャツを縫う時の針の運び方ひとつとっても言えることなのである。今、現在、シャツの縫い方と、仕上げとにおいて、私は間違いなく日本が世界一だろうと考えている。

その世界一のシャツが、ニューヨークに進出する。なんと素晴らしいことだろう。おそらく世界一、シャツの鮮度を気にするニューヨークで、世界一の技術に裏づけされたシャツが入手できるのだから。

毎朝の、ビジネスマンのシャツ戦争、ますます愉しくなることだろう。


メーカーズシャツ鎌倉株式会社
取締役会長 貞末 良雄

アーカイブ

PAGETOP