Best20 Title
Best20_title
小林
今回のテーマは「鎌倉シャツの変わらない名品ベスト20」。皆さまからアンケートを取ったわけではないので、私たち企画側が考える名品ということでよろしいでしょうか?
哲兵
僕たちはシャツ屋だから、トップ20を全てシャツにすることも可能なのですが、それでは面白くないので、皆さまからの脚光をまだ浴びきれていない「鎌倉シャツの名品」をご紹介したいと思っています。鎌倉シャツには、シャツ以外にも世界的な名品が多くあるんですよ。
宮澤
僕はシャツの作りのプロだけど、僕から見ても鎌倉シャツにはシャツ以外の名品が多い!給料が追いつかないくらい毎月買っちゃってます(笑)
小林
僕は給料のほとんどを鎌倉シャツにつぎ込んでいまして…自分で企画して自分でお金を払って買うというのが嬉しいやら、悲しいやら(笑)永遠にこのサイクルから抜けられそうにないっす…
哲兵
僕も小林君と全く同じで、自分で企画したものは絶対に良い物だって判っているし、価格にしても変な話、原価を知っちゃってるから買わない手はない!それでは、そんな僕たちが虜になってしまっている、鎌倉シャツの「名品ベスト20」をご紹介しましょう。

貞末 哲兵・バイイングディレクター
1977年生まれ。某セレクトショップの販売員を経て、イタリア・ボローニャに留学。イタリア・ミラノのデザイン事務所に勤務後、現職。年の1/4をイタリアやヨーロッパなどで過ごしながら、国内外でバイイング業務や、MDなどの仕事も兼任する。趣味:ゴルフ、ドライブ、時計鑑賞。

宮澤 直樹・プロダクションディレクター
1972年生まれ。東京下町シャツ工房の3代目として、幼少期よりシャツ作りを学んだ。日本のみならずイタリア製シャツの研究心と流行を取り入れるセンス併せ持つ次世代シャツ作りのキーマン。シャツ作りの知識は日本有数。趣味:シャツ。休日もシャツのことを考えている生粋のシャツマニア。

小林 良輔・チーフバイヤー
1987年生まれ。新卒から鎌倉シャツに勤務し、売り場の店長を経て現職。商品に対する思い、情熱は社内一と呼ばれるガッツマンバイヤー。業の傍ら、134ディビジョンのモデルも務める。趣味:イタリア製の服。平日も休日もイタリア製の服を着ることが喜び。近況:新婚。

アルチェレザートートバッグ L(HG0037_31)¥23,000+税

小林
じゃあ、20位からいきましょうか。第20位は『アルチェレザー』シリーズです。これは、すごい革ですよね。イタリアのタンナー(皮革製造業)でも指折りのOVER LORD(オーバーロード)社製ですもんね。
哲兵
このバッグに類似した革を使った物も多くあると思うのですが、革の質感手持ち感、また使い込んだ時のクッタリとした雰囲気も高級感がすごい!
宮澤
僕もこれは“トート”と“2WAYショルダー”を愛用しています。しかし、なんでこんなに安いんですか??
小林
これはですね。工場が革を直接仕入れているので素材のコストが安いのです。あと、裏の話ですが…採算度外視で勝負しているところもあります(苦笑)

ナポリカジュアルシャツ(BN0020_23/店舗限定)¥14,000+税

哲兵
じゃあ、19位にいきましょうか。第19位は『ナポリシャツ』です。イタリアはナポリで作られた“カジュアルシャツ”と、展開が始まったばかりの“ドレスシャツ”の2種類あります。
宮澤
これは圧倒的に安いです。価格が¥14,000ってありえないでしょ!?ドレスシャツは手縫いの工程も細かい仕事が入っていますし、襟の雰囲気も素晴らしい!
小林
これは開発段階で、自分たちが着たいと思った物を商品化しちゃったので。
宮澤
巻き伏せ本縫い裾の三つ巻きとか、すごい精度で縫製しています。カジュアルシャツも袖を後付けして手縫いで伏せているし、脇伏せと裾三巻きが2mm幅なのはすごい。ドレスシャツは、ボタン付け・ガゼットを手縫いで行っています。袖の伏せも手縫いで行っているし、高級感が半端ない!
哲兵
僕はこの厚めのボタンがナポリらしくてすごく好き。また、着た時の雰囲気はナポリシャツならではで、素晴らしいです。

ダブルフェイスネクタイ(GBD0012AS1)¥5,000+税

小林
第18位は『ダブルフェイスソリッドネクタイ』です。これは、僕が入社した2010年当時からありましたけどすごいクオリティですよね。
宮澤
なんでこんなボリュームが出るんですか?
哲兵
サブネームでもあるように、サテンとツイルの二つの組織が重なりあっています。このクオリティを作ることができるのはイタリア・コモのとある工場だけなんです。小林君はこのクラシックなクオリティを大剣幅7.5cmで作ってみたり、新しさを追及しています。
小林
クラシックで素晴らしいネクタイなんですが、従来の大剣幅で作ってしまうとボリュームが出すぎてしまって、現代的な雰囲気がなくなっちゃうので…色々考えて毎回製作しています。愛用者の皆さまいかがですか?

300番手シャツ(MGH300_10)¥12,000+税

宮澤
さて次は第17位。『300番手シャツ』です。この製品は、量産化していることが奇跡ですよね。さらっと¥12,000で売っているって考えられないと思うんですけど。
小林
シルクのような光沢は、ここぞという時の一着にベストですよね。
哲兵
でも、価格が¥12,000だから、ここぞという時じゃなくても着られる(笑)!
宮澤
300番手っていうだけでも信じられないのですが、この生地を普通に縫製している日本の工場さんがすごい!!実は、このシャツ生地を縫えるのは今のところ2工場しかないんですよ。希少なシャツでしょ?

7ゲージ スタンドカーディガン(NM1008_29 )¥18,000+税

小林
第16位は『7G(ゲージ)スタンドカーディガン』です。
宮澤
これは鎌倉シャツのスタッフがみんな着てます。
哲兵
このニットはイタリアの糸を使って日本で作っているのですが、目面が非常に綺麗で、ウールのふくらみ、光沢も素晴らしいです。
小林
ジャケット代わりとしてオンタイムでもいいですし、オフに着てもきっちり感があるのに、非常に楽な着心地です。形も普遍的ですし、もはや鎌倉シャツ秋冬の大定番です。

ハリソン ロングホーズ(HS0005_19,17,29,39 )各¥1,300+税

哲兵
次は第15位『ソックス』です。
宮澤
ハリソンのウールソックスが¥1,300はすごいですよね。毎シーズンダース買いするほどです。
小林
工場は兵庫にありまして、ものすごいこだわりで作られています。かかとの補強とか、ロングホーズのふくらはぎのフィット感とか、もろもろ考え抜かれています。
哲兵
僕は、イタリア製のソックス推し。何気にイタリアでもトップクラスの工場で作っています。お値段はまさかの¥1,200ってのが信じられない!自分で企画しておいてあれですが…(笑)
小林
イタリア製のソックスって¥3,000くらいするじゃないですか。日本製にはない色気があるので、僕はハリソンと両方愛用していますよ。

カイハラ デニムシャツ(WG1013_23)¥5,900+税~

宮澤
第14位は『カイハラのデニムを使ったカジュアルシャツ』です。このグレードで¥5,900~ってすごいの一言です。
哲兵
素材もすごいし、洗いのテクニックも素晴らしいですよね。作っても作ってもすぐ売り切れてしまうんですよ。
小林
1年通して季節問わず使えるし、まさに名品だと思います。

ゴムメッシュベルト(ME0008_35,29 )各¥6,900+税

宮澤
第13位は『ゴムメッシュベルト』いきましょう。
哲兵
ゴムメッシュ素材はイタリアで一番と呼ばれているファクトリー製で、成型はスイスにあるトップファクトリーが行っています。ゴムでできているのに、高級感がある隠れた名品。実際、ジャケパンスタイルにもいい!僕はゴルフにも使っています
小林
僕も実際にイタリアのファクトリーに行ったのですが、工場全体がショールームのようになっていて、美しい素材がオートメーションで編まれています。
宮澤
類似品はたくさんあると思いますが、この高級感と厚みを感じたら手放せないですよね。

定番オックスフォードシャツ(MSK021_21 )¥5,000+税

哲兵
次は、第12位『オックスフォードの定番シャツ』です。
宮澤
まさに鎌倉シャツ!って感じのシャツ。しっかりしたオックスフォードを使っていて、ざっくりした雰囲気に仕上がっていますね。
小林
僕は洗いざらしで、デニムとドライビングシューズっていうスタイルが好きです。
哲兵
きちんと縫製されたオックスフォードってなかなかないんですよね。縫製が雑なオックスフォードってすごくルーズな感じがしちゃうし。
宮澤
そこは、鎌倉シャツが完全に制御しながら、すごくレベルの高い縫製で行われています。上質なオックスフォードは“神は細部に宿る”じゃないですけど、縫製ありきですよね。

ナポリパンタローニ(IS0038_10,43,25,61 )各¥14,000+税

小林
続いて、第11位『ナポリパンタローニ』です。ナポリで作られているスリムタイプのパンツです。僕が売り場にいるころ、突然展開が決まって販売を開始したのを思い出しますよ。
哲兵
イタリア製のパンツは形が非常にきれいで、見た目に美しく、履き心地が良いんですよ。ナポリのファクトリーを5、6件訪問して、一番良かったファクトリーで作っています
宮澤
僕も3、4本買いましたけども、イタリアの有名ファクトリーブランドとクオリティは遜色ないと思います。実際に有名なファクトリーという噂もありますが…(笑)

350ENDネイビーネクタイ(NV02942CA1,NV02972JA1,NV02942BA1,NV02942IA1)各 ¥5,000+税

小林
次は第10位『350 END(スリーフィフティエンド)ネクタイ』です。これは、経(タテ)糸を1インチ間に350本打ち込んでいるという、超絶!なクオリティです。
哲兵
通常のネクタイは良い物で、経糸本数が200本くらい。350ENDは350本ですから、2倍近い糸を使用している変態的なクオリティ(笑)
宮澤
実際に糸の本数が多いから、光沢とか生地の質感がすごい良いですよね。“MADE IN ENGLAND”の凄みを感じます。

定番シルクチーフ(WSETA1_10)¥1,900+税

小林
続きまして、第9位『定番チーフ』。¥1,900です(笑)
哲兵
値段のところで笑っちゃうよね。これは、上質なシルクやリネンの素材を手縫いで行っているのです。手縫いでこの価格は世界一かもしれません。
小林
僕が担当しているのですが、売れ方が尋常じゃないです。ハンドメイドチーフ売り上げのギネスに載せられるかもしれません(笑)

18ゲージカーディガン(NM0037_33,19)各 ¥7,900+税

宮澤
続いては第8位『18G(ゲージ)のセーター』です。僕も毎シーズン必ず買ってしまいます。
哲兵
メンズでは、一部のイタリア、イギリスのニット以外は14Gくらいが主流で、それでも悪いクオリティではないのですが、18Gは本当すごい
小林
日本製で作っているのですが、毎シーズン売り切れてしまう、正に“鎌倉シャツの名品”です。この18Gセーターは海外のヨーロッパ製に負けないクオリティで、¥10,000以下ですからね。
哲兵
セーターだけは僕の好きなヨーロッパで作る必要ないですね(笑)。

定番ブロードシャツ(MSK035_10)¥5,000+税

哲兵
続いては、第7位『ブロードの定番シャツ』いきましょう。
宮澤
この定番シャツは、100番手双糸を使っているんですよ。80番手でも高級なのに…100番手双糸を使って¥5,000ってやばいでしょ。
小林
ブロードの良さもしっかりと出る100番の糸で定番品を作るのは、ある意味で原点だし、最も重要なことかもしれません。やりたくてもなかなかできない商品ですよね。“頑なに品質を守る”。そんな鎌倉シャツの良さが満載です。

ブライドルレザー革小物(HG1030_19,HG1032_19,HG1034_69 )¥1,900~7,900+税

哲兵
次は第6位『ブライドルレザー』シリーズです。これは、内側の革までブライドルレザーを使用した贅沢仕様です。
小林
スペインのMIRET(ミレー)社のブライドルレザーを使用しているんです。ブライドルの品質はもちろん、内装にまで使っている仕様は他では、ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが“MADE IN ENGLANDのあのメーカーくらい”です。
宮澤
その辺りを理解すると、いかにこのブライドルの品質が高いというのと、お買い得というのが分かるかもしれません。

フランス・ニースのネクタイ(BR01982CA3,BR01881CA2 )各¥5,000+税

小林
続いて、第5位『フランス・ニースで作られているネクタイ』です。僕が入社して最初に驚いたのがこのネクタイでした。とにかく値段に驚いてこのネクタイに魅了されました
哲兵
もともとは、MADE IN FRANCEだったんです。フランスに工場がなくなってしまいまして…現在はイタリア製になっています。しかし、デザイン変わらずフレンチトラッドを現代的に解釈した、新しいネクタイを提案しています。
宮澤
僕もこのネクタイが¥5,000っていうのは考えられないです。今まで何本買ったことか分からないです。

36ゲージニットシャツ(KG1211_22)¥6,900+税

小林
続いて、です第4位『ニットシャツ』です。
宮澤
これは、素材・縫製・製品の完成度。どれをとっても他にはないものと言えると思います。動きやすいニットの素材を本縫いしてるのは、世界で鎌倉シャツだけかもしれません。
哲兵
僕もこのニットシャツはイタリアによく着て行っています。トラベルにもいいし、現地のイタリア人に見せると、みんな欲しがります
小林
イタリアにも売っていないクオリティが¥10,000以下で買えるのは、日本人だからこそなんですね。

コードバンベルト(TCORDO_39,19)各 ¥13,000+税

宮澤
続いて、第3位『コードバンベルト』です。
小林
浅草にある“日本一の職人さん”に特別にオーダーを受けていただいています。他の日本製のベルトもこの工房にお願いしているのですが、本来クオリティとは何なのかという事を教えてもらえる品質です。
哲兵
コードバンは素材がまず手に入りにくいのですが、これを量産化しているのはすごいですよね。鎌倉シャツの隠れたベストセラーです。

50オンス イングリッシュツイル ネクタイ(NV02932DA1,NV02932EA1,NV02251AA1)¥5,000+税

宮澤
続いて、第2位。出ました『50オンスネクタイ』!
小林
これが¥5,000は安すぎないですか??
哲兵
正真正銘のデイビッド・エバンス社製の生地ですからね、これはやばい!コストはギリギリのところですが、この素晴らしいネクタイをたくさんの方に着けてほしいということでこの価格に設定しました。
小林
MADE IN ENGLAND の50オンスを日本でも指折りの工場で作っているので、完成度が非常に高いです。これは、何本も買っていただきたいですよね。しかし、安い!!!
哲兵
50オンスのデイビッド・エバンス生地。ハンドメイドで¥5,000は世界一かもしれませんね。
宮澤
僕も20年この業界にいますけど、前代未聞の出来事ですよ。これは。

200番手シャツ(PGH207_10)¥8,900+税

小林
そしていよいよ、第1位『200番手のシャツ』です。200番手ですよ、200番手!
哲兵
確かにあんまり聞いたことないです。300番はもちろんですが(笑)
小林
200番手という素材が、まさかの¥10,000以下!!これは、名品の中の第1位にふさわしいですよね!!
哲兵
200番手はイタリアでもあることはあるのですが、シャツになった時の値段はとても買えるものではないです。NYのマーケットで600ドルってのを見たことがあります。
宮澤
200番手、300番手もパターンの段階から研究に研究を重ねています。素材もすごいですが、パターン縫製工場のテクニックも素晴らしいです。生地が繊細なので、縫製するのも非常に難しいんですよ。
小林
それでは、今回の「名品ベスト20」を終了したいと思います。また、次回お会いしましょう。

店舗により取扱商品が異なります。ご来店の際は、事前にお問い合わせください。
また、商品によっては数量限定のため品切れの場合もございます。予めご了承ください。