tw-tittle
o-sign

台湾って最近人気ですね。
10月初めに台湾へ行こうとひそひそ内緒話をしていたweb&写真&構成担当原田桂子、そしてまたもや登場。民子です。
がんばって早起きして羽田空港から出発した私たち。フライト中、休みなくおしゃべりしていました。

やっと着きましたよ!台湾・松山空港。
空港内は華やかな色彩と蝶々の群れ。何となくエキゾティックな雰囲気ですね。
そばにいらした女性に「写真お願い!」とカメラを押し付け、記念のツーショット写真をパチリと撮っていただきました。

tw-1
tw-02

外に出ると、まぶしいくらいにすっかり晴れ渡った空を見て、ワァ~!!
ちょっと暑すぎです。半袖持ってくればよかったです。

それではレッツゴー!記念すべき台湾お散歩スタートです。

map-daan01
tw-03

松山空港からタクシーで10分。到着です。
2016年7月30日、鎌倉シャツ開店。あのときと変わらぬ佇まいで、待っていてくれた鎌倉シャツ。
まだ3か月しか経ってないのに何とも懐かしい。

tw-04

この台北店は鎌倉シャツのフランチャイズ店です。

美形スタッフ、イケメンスタッフに囲まれパチリ。スタッフのみならず鹿間社長(右から二人目)と、取締役の鯉渕さま(一番右)が、駆けつけて下さいました。さあ、お散歩の始まりです。暑そうだけどいつまでもウダウダして快適な屋内にいることは許されない私たち。

あっ、忘れた…カフェ担当を紹介しなくちゃ。素敵なカフェが併設されています。
左から一人目、現地スタッフ、お名前を尋ねるのを忘れてました。すいません。左から二人目、鹿間社長のお嬢様です。それから現地店舗スタッフのソフィアさん、ソフィアローレンみたいにチャーミング。そして、やはり現地スタッフのカズさんです。

台湾の方々は皆、優しそうです。

tw-05

鎌倉シャツから徒歩3分、この立派な建物は何かな?

お馴染みユナイテッドアローズが近所にあります。ガス灯が付いていてクラシックな雰囲気を漂わせています。中に入ると1Fは女性用でした。あらっ、可愛いい現地スタッフが笑顔で迎えて下さいました。前回、私が買い物したのを覚えていてくださったのね。親切な接客、覚えてますよ。2Fは男性用のアイテムで日本人の店長さんは不在でした。残念!

新米の鎌倉シャツに、とても親切に色々教えてくださっているとのこと。慣れない異国での商売は心もとないもの。本当に有難うございます。

map-fujin

台北市内にある松山空港(ソンシャンジーチャン)のすぐ南側、“富錦街(フージンジエ)”は台北で今最も洗練されたスポット。
近くに地下鉄の駅がなく少々不便なエリアであるが、台北の代官山と評されることも。
日本アパレルの路面店やレストラン・カフェ・バー等々、台北のお洒落な人たちが集まります。
閑静な住宅街の両側には、南国の樹木も生茂り、とても独特な雰囲気のあるエリアです。

tw-06
tw-07

洒落た街並みですね。バイクがズラッと目立ちます。

tw-08

洒落た街並みに白のファサード。センスいいですね。

tw-09

リサイクル素材で作られたメッセンジャーバッグが有名。
1993年スイス・チューリッヒで創業。
あれ、何のご縁か、鎌倉シャツと同じ年に生まれた同級生でした。

tw-10

パリやニューヨーク、それに名古屋に匹敵するお洒落なカフェがいっぱい。
名古屋に行くといつもたくさんの人がカフェに並び、楽しんでいます。私、名古屋大好き!
それにもまして台湾カフェ大好き!

tw-11

シンプルで清潔な感じの白塗りファサード。グリーンがよく似合ってます。

tw-12

TSUTAYA

あれ、TSUTAYAがあったぞ!日本の名前が懐かしい。

tw-13
tw-14
tw-15

街中には、ファミリーマート、大戸屋、セブンイレブンそして吉野家と日本の企業が勢ぞろい。やはり日本の名前を見たら、自然とエールを送りたくなりました。

tw-16

移動のタクシーの中からパチリ。台湾の国旗は個性的で目立ちますね。

青・赤・白の3色は孫文の唱えた三民主義に由来しているようです。青は民権主義で正義、赤は民族主義で自由と独立、白は民生主義で友愛を象徴しています。 青は空を、白は太陽の光芒(十二刻)を表わし、通称「青天白日旗」と呼ばれています。

tw-18

その他に目立ったのは美容室。街中にたくさんありました。

外から丸見え、ガラス張りのビューティサロンです。カフェに負けず劣らず素敵です。

tw-17

暑さでバテ気味なので鎌倉シャツでひと休み。

お客様がいらしてカフェを楽しんでいらっしゃいました。とても感じのよい方たちでした。

tw-20
tw-19

BROWN SUGAR
台北市信義區松仁路101號

やはり海外ではナイトタイムを楽しまなければね。

ありましたよ、広いライブハウスが。地元のヤングが楽しんでいました。
そして女性シンガーの上手なこと。誰もが知っている「Summer Time」や「Stand by me」をアップテンポで歌ううちに一人前へそして2人、3人と徐々に人が増えて踊りだしました。シンガーがそばにくるよう誘っています。

こうなると私たちも前へ出なければ…そして踊ったのであります。

そして、翌日。

map-daan02

台北市を東西に走る主要道路“忠孝東路(ジョンシャオドンルー)”と、南北に走る主要道路“復興路(フーシンルー)”。
同じく東西に地下鉄、南北にモノレールが通る“忠孝復興駅”周辺は、台北の最も賑やかな商業エリアの一つ。
また、一本裏通りに入れば、お洒落なカフェやブティックなども数が多く集まる洗練されたエリアです。
高級マンションが建ち並ぶ住宅地でもあり、商業と住居が混在する台北独特の雰囲気があります。

tw-23
tw-24

ここは中心街。大通りです。今日は地下鉄に乗って移動しますよ。

tw-21

REVEL

このレストランもとってもすてきです。お洒落な人たちばかり。しかも野菜や果物を使った美味しいお料理です。

tw-22

村 花枝羹

台湾の定食屋さん。庶民的でいいですね~

tw-25

SOGOが真ん中にありました。人が多勢集まり、買い物を楽しんでいます。日本と同じですね。

tw-26
tw-30

忠考復興駅(ジョンシャオフーシンジャン)

さて、駅に着きました。
綺麗で広々した清潔な駅です。広いホームです。

tw-27
tw-28
tw-29

この青いコインのようなものが切符となります。

tw-31
tw-32

食べ物、飲み物禁止。ですから車内は清潔です。お客様はとても静かです。

tw-33

東門駅(ドンメンジャン)

この駅から永康街へ向かいます。

map-yongkang

地下鉄“東門駅(ドンメンジャン)”を出てすぐ北側にある”永康街(ヨンカンジエ)“は、小龍包の名店”鼎泰豊“本店をはじめ、
台湾料理の有名店からB級グルメまで、細い道の両側に大小の飲食店が軒を並べる昼夜賑やかな場所です。
“永康公園(ヨンカンゴンユエン)”の辺りには、お洒落な喫茶店、茶芸店、雑貨店などがあり、
地元民のみならず、世界中のツーリストが大勢集まる、台北の魅力が沢山詰まったエリア。

tw-34

ここがあの有名なディンタイフォン発祥のお店です。たくさんの人が外で順番を待っています。大人気!

tw-35

12 永康水果店(ヨンカンフルーツ)

美味しそうな果物が冷凍になっています。暑い台湾ならではです。

tw-36
tw-37

13 永康公園

緑の静かな公園です。涼し気ですね。

皆様、日本では珍しくなった公衆電話です。
家庭の電話がまだ少なかった昭和のあの時を思いだしました。

tw-38
tw-39
tw-40

ここでランチをしました。クラシックで居心地がよかったです。

ところで珍しいクロワッサンピザをオーダーしたのですが…
なかなかできてこないので、しびれをきらして催促したんですよ。「まだですか?」そしたら「焼き加減いかがしますか?」ムム…??

tw-41

この2Fにあるのが小林さん?いえシャオリンファーロンです。
あの有名な台湾式シャンコース、シャンプーのみの美容室です。

tw-42
tw-43
tw-44

シャンプーやってみましたよ。

BEFORE

tw-45s

鏡を見ながら念入りにシャンプーしてくれます。
シャボンで耳を作ってくださいました。面白いでしょ?

AFTER

tw-46s

シャンプー後のブローの何と上手なこと。
ツーリストは夜、ホテルの部屋に入ってやれやれと思うもの。
特に女性はシャンプー面倒ですよね。そこでお勧め、シャンプーだけの美容室。
ぜひ、お試しを。回し者がつぶやきました。

tw-47

今日も鎌倉シャツでひと休み。やはり鎌倉シャツのカフェでくつろいでいらしたお客様。

女性は日本に留学していたそうで日本人かと思うくらい日本語がお上手で楽しいおしゃべりに花が咲きました。

tw-48

ダンディな高橋様は有難いことに鎌倉シャツの大ファンとおっしゃって、上から下まで鎌倉シャツに身を包み台湾だけでなく世界で大活躍!
明るくてお洒落なジェントルマンは商船三井有限公司 社長です。

map-daan03
tw-49
tw-50

台湾はたくさんのマッサージ屋さんがあります。
原田と私が宿泊したホテル、ロイヤルパレスホテル(皆様、名前からして凄いゴージャスホテルと思うでしょ?ところがそうでもなくて…)このホテルの真ん前にこのマッサージ屋があるのです。

万歳!

自分勝手の紹介ですが、このマッサージ屋さんはピカイチですよ。内部は綺麗ですし、好きなマッサージ師を予約できます。
脚だけマッサージ受けたのですが、原田と私のマッサージ担当者二人はとても上手でした。翌日、朝10時にまたもや予約しました。なぜって、あの上手な二人に全身マッサージ受けたいがために。

マッサージ師は番号を持っています。予約料金はなしなので、良心的です。皆様、マッサージの際には7番(男性マッサージ師、48歳?予想ですが)、23番(中年女性マッサージ師、52歳?多分…)に予約したらいいと思います。
回し者がまたもやつぶやきました。

そして、最終日。

tw-51

あっ、美人のステラさん(右から二人目)だ!鎌倉シャツの店長さんです。
今日で皆様とお別れです。お世話になりまして有難うございました。
そして、飛行機の時間までもう少し。お散歩は続きます…

tw-52

鎌倉シャツのお向かいにあるお洒落で美味しいパン屋さん。パンを買って来て鎌倉シャツのカフェでランチをしました。

tw-53
tw-54
tw-55
tw-61

rippie(リピエ)

鎌倉シャツの隣接するアップルパイカフェ。快適な屋外テラスもあります。お客様は、カフェでお茶して屋内のシャツを見にいらっしゃいます。

tw-57
tw-56
tw-58

スタッフのヴィッキーとカズ。再見!

tw-59

終わりに…

台湾の国父と言われた孫文と彼の跡を継いだ蒋介石は、日本で学び、知己も多く日本との縁が深い方たちでした。
又、彼らの奥様達は凄いです。私、以前から彼女たちに興味がありまして…大財閥宋家3姉妹のうち次女宋慶齢は孫文と結婚、三女宋美齢は蒋介石と結婚しました。宋美齢はニューヨークで見事な英語でスピーチしたとのこと。日本との関係がよくない時でした。
人々が、幾多の困難を乗り越え下さったお陰で今、私たちは平穏で呑気にこうしていることができます。明るく親切な台湾の人々に乾杯!

そして…すぐ思い浮かぶのは、あの2011年東日本大震災です。
あの時、台湾の人々は世界中で一番早くに被災者に寄付をして下さいました。感謝の気持ちでいっぱいです。
本当に有難うございました。

tw-62

鎌倉シャツ 台北店 & rippié cafe

台北市大安區大安路一段98號
02-2775-2859
11:00~22:00

http://www.kamakurashirts.com.tw/

お散歩STORY by Tamiko Sadasue