Maker's shirt 鎌倉

Maker's shirt 鎌倉

くろすとしゆきオフィシャルブログ

196:重宝するダウン・ベスト


昨年の10月ワードローブを思い出しているうちに、月の半分くらいはショート・パンツを愛用していたと気付く。ショーツはバミューダ・レングス、ウォーク・レングスなどで、マドラス、無地などいろいろ。ショーツの上は主にポロシャツが多い。好きなコーディネートとして、ちょっと肌寒い夕方など、上にVやクルー・ネックのセーターを重ねる。そういえば、今年の10月はショーツを一度もはかなかった。

日によって気温が激変する今年のような10月に重宝するのがベストだ。ベストといってもニット製品はない、デニム、フリース、ダウンなどをその日の気分で重ね着する。ダウン・ウエアは、ここ数年殊に女性の間でコートに人気が集中しているようだ。ダウン・ウエアは本来、冬山登山用に開発された特殊衣料。着たら驚くほど軽くて温かい。ジャケット着るには早すぎる日など、もっぱらダウン・ベストのお世話になる。ベストは10月から来春まで大活躍する。

(おわり)

195:今年の10月の天候


今年の10月はひどいものだった。台風21号、長雨、かと思えば46年ぶりの寒さに震え上がった。3日後には60年ぶり12、3度と続いた。暑い日もあった、東京の日中最高気温29.0度。こう激しくゆさぶられると体がついてゆけない。どうするか、ダウンベストを着込んだり、Tシャツ1枚になったりと、衣服で調整するしかない。

本来、10月といえば「おしゃれな秋」を実体験できる絶好の季節のはず。昨年のこの時季何を来ていたか調べてみた。

わたしは日記の最後に何を着ていたかメモしておく。10月××日、B.P/B.D/CHといった具合い。服は記号化してありB.Pはブラック・ポロシャツ、B.Dはボタンダウン、CHはチノを表す。

10月の主役は、夏の名残りの半袖ポロシャツで、その上にシャツをジャケット代わりに羽織る。シャツはオックスフォードをはじめ、薄手コットンフランネルなどを気温によって選ぶ。

(つづく)

194:「京橋サーキット」


1962年というと、日本は高度経済成長期、人々の暮らしは目に見えて豊かになりつつあった。とはいえ、自動車は高嶺の花、マイカーは夢のまた夢だった。

そんな時代に、外国製スポーツカーを乗り回す若者たちがいた。スポーツカーどころか免許も持たないわたしが、なぜか彼らと知り合う。

当時、国産のスポーツカーはなく、彼らの車はすべて輸入車で「トライアンフ」「MG」などに乗っていた。毎晩のように会い、車、ファッション、ジャズの話で盛り上がった。話に飽きると「ちょっとやりますか」といって、開通したばかりの高速道路・東橋口へ向かう。料金を払い、羽田線でレースを始めるのだ。10分ほどの「お遊び」を彼らは「京橋サーキット」と呼び、夜な夜な楽しんでいた。信じられないことだが、こんなことが可能なくらい無人の首都高だったのだ。その連中とは、63年第1回グランプリに出場した故式場壮吉、生沢徹、ミッキー・カーチスらである。

(おわり)

193:首都高速道路「羽田線」


2020年東京五輪・パラリンピックまでに間に合うよう、首都高速道路の大改修が始まったと、新聞記事。

前回の東京五輪(1964年)を目標に、東京のあちこちで工事が始まったのは60~62年。そのひとつが首都高とよばれた高速道路。ここへきて老朽化が目立ちだした。中で一番古い「羽田線」の東品川桟橋付近の高架橋の架け替え工事が、トップを切って9月半ばにスタートした。

羽田線は思い出深い。1962年12月に開通した初の都心環状線は、京橋(中央区)――芝浦(港区)間。4.5キロから始まった。現在の総延長は318.9キロ。ここまで延びるとは想像もしなかった。

開通はしたものの、京橋から芝浦ではなんの役にも立たない、休業状態の日々。次いで芝浦から鈴ヶ森(品川区)まで約2倍に延長されるが利用価値はゼロ、車の姿はない。ほんのひとにぎり、車大好きな不良青年らを除いて。

(つづく)

~くろすブログスタッフより~
2017秋冬「くろすとしゆき あいびい あーかいぶす」新作ヘリンボーンヂャケット。ご好評につき初回入荷分は完売いたしました。次回は11月に追加入荷予定です。お楽しみに!!
http://shop.shirt.co.jp/shop/pages/ivyjacket.aspx

192:「アイビー・アーカイブス」にヘリンボーンが登場


『英和洋装辞典』の中に「杉織(すぎおり)」という見慣れない用語が出てくるが、これは「杉綾(すぎあや)」とも呼ばれていた「ヘリンボーン」のこと。

「HERRING BONE」は魚のニシンの骨。同じ柄でも英国では魚に見立て、日本では杉の葉を連想する。肉食と草食の国民性の表れで興味深い。

2017F~W「アイビー・アーカイブス」にヘリンボーンが登場。ツイードというとハリスと思いがちだが、ハリスほどラフではないイングランド・ツイードに味のいいのが見付かったので、ジャケットといっても、幅広から狭いのまで種類は多い。わたしがジャケットにしたのは3/4インチ(約18ミリ)。色はミディアム・グレイ。ナチュラル・ショルダー、シングル3つボタンの上2つ掛け、センター・ディープ・フックベント。オーセンティック・アイビー・リーグ・モデル。完ぺきな出来。

(おわり)

krosivyarchives2017fw

~くろすブログスタッフより~
2017秋冬「くろすとしゆき あいびい あーかいぶす」新作ヘリンボーンヂャケットがいよいよ登場!!こだわりのコーディネートをぜひご覧ください!
http://shop.shirt.co.jp/shop/pages/ivyjacket.aspx

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

アーカイブ

PAGETOP