Maker's shirt 鎌倉

Maker's shirt 鎌倉

くろすとしゆきオフィシャルブログ

270:正式名はグレン・アーカート


三鷹の「タータン展」は勉強になった。

これまで、スコットランドのチェックはどれもタータンと思い込んでいたが、「クラン(氏族)」、「ディストリクト(地方)」、「ミリタリー(軍隊)」、「ロイヤル(王室)」などの区別があることを学んだ。

KENTのパンツ、あれは「ゴードン」という名のクラン・タータンなのを知った。また、「ブラックウォッチ」はミリタリー、兵隊さんのチェックだった。スコットランド軍のユニフォームに注目だ。

日本ではなじみが薄いディストリクトで、ルーツは知らなかったが、わが国では超有名なチェックが入っていた。「グレン・アーカート(GLEN-URQUHART)」だ。トラッドパターンとしては定番中の定番「グレン・チェック」の正式名。

実は「アイビー・アーカイブス」この春夏用に、その伝統柄サマー・ジャケットを1年前に企画していて、近々、出来上がる予定なのだ。

(つづく)

くろすとしゆきの『あいびい あーかいぶす』2019SS新作・グレンチェック・ヂャケット(色:ネイビーグレー)の特集ページが4/23(火)に公開予定!と同時に、一般予約開始となります。

いつも「さかさメガネ」をご愛読いただいている皆さまに感謝の気持ちを込めて、こちらのブログからのみの先行予約ページ公開いたしました。ぜひお早めにご検討ください!

http://shop.shirt.co.jp/shop/g/gZKAJ02A1M/

269:早すぎたタータン


タータン・パンツ企画立案者としての責任を取り、1本購入(もちろん社員割引)。自ら宣伝のため毎日のようにはいた。

はいて分かったことがある。たしかに1967年当時、男でこんな派手なパンツはいない。だが、東京の人は気になっても見て見ぬふりをしてくれた。それに気付かなかったのはうかつだった。

たまたま、出張で東北へ行く機会があった。わたしはネイビーのダブル・ブレザー(VANではニューポートと呼んでいたアレ)にタータン・パンツを合わせて行った。街を歩いていると、人がよける、ジロジロ見る。これにはまいった、急に恥ずかしくなったのを覚えている。

いまや高校の制服になったブレザーにタータンのパンツやスカートだが、半世紀前は人騒がせのタネだった。「男のくせにあんなズボンなんかはいて…」まるで変態あつかいの時代があったのだ。

教訓:早ければいいってもんじゃない。

(おわり)

268:KENTのタータンパンツ


昨年12月8日から今年の2月17日まで、「タータン 伝統と革新のデザイン展」が三鷹市美術ギャラリーで開催された。

昔のKENTのタータンのパンツを、数少ないメンズファッションの参考品として出品した。いまならなんてことのない男物パンツだが、商品化した1967年はちょっとした騒ぎだった。

そもそもの始まりは、業者が持ち込んだ生地見本からだった。4柄ほどのタータンを何か使えませんかと机の上に広げた。当時、タータンは女性向けチェックで、都内に何軒かタータン・ショップがあった。

見ているうち、パンツにして紺ブレとコーディネートしたら売れるのでは……と、ひらめいた。4柄の中で地味な2柄を取り上げ、ベルトレスのスラックスにした。

結果は散々だった。人一倍おしゃれなVAN社員にもウケなかったパンツが、メンズショップで売れる訳がない。革新には時期尚早。

(つづく)

267:マイ・フェア・レディ


アンドレ・プレビンという新人ピアニストを知ったのは、1950年代半ば、「マイ・フェア・レディ」というタイトルのLPだった。

当時、輸入LPは3000円ほど、大卒初任給が1万円くらいだから、いかに高価なものだったか分かるだろう。買えないから、ジャズ喫茶という名のジャズLPを大音響で聞かせる喫茶店で、コーヒー1杯で2時間くらいねばるのがごく一般的ジャズファンの姿。

入荷したてのそのLPは、ピンクのジャケットで、大きなつばの帽子をかぶった女性が、ティーカップを持った写真。ドラムス シェリー・マン、ベース リロイ・ビネガー、ピアノ アンドレ・プレビンのトリオ。演奏するのは古いスタンダードではなく、ブロードウェイで公演中のミュージカル「マイ・フェア・レディ」の楽曲を取り上げた。

何て都会的でおしゃれなピアノだろう。軽妙洒脱なプレビンにわたしはとりこになった。

(おわり)

266:程の良いピアニスト 


アンドレ・プレビン 2019年2月28日死去、89才。

プレビンはわたしが大好きなジャズピアニスト。どこが? と聞かれたら、「程がよいとこ」と答えるだろう。

ピアノにかぎったことではないのだが、ジャズミュージシャンはどこか変わったところのある人が多いし、また好まれる傾向がある。演奏は誰にもまねのできないオリジナリティーに満ちた、個性的でなければならない、といわれるのはわかる。

個性は尊重されるべきとは思うが、わたしには「ほどほど」がいい。これはジャズに限ったことではなく、衣食住のすべてにいえる。個性的といわれる服装は苦手、ごくごく普通がいい。食べ物も同じ、凝った料理も素晴らしいが、毎日だったらどうだろう……。平凡な方がありがたい。

 アンドレ・プレビンは、毎日聴いて飽きることを知らない、程の良いピアニストだ。

(つづく)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

アーカイブ

PAGETOP