Maker's shirt 鎌倉

Maker's shirt 鎌倉

くろすとしゆきオフィシャルブログ

362:いま感じる服の重さ


皆さん服の「重さ」を感じたことがあるだろうか。ジャケットやコートの重さが気になるなんて、考えもしないはず。

わたしも長い間、服や靴の重さを感じたことなどなかった。それがちょっぴり気になる日がやってくるのだ。「今日は
ツイード・ジャケットが重い」と感じる日が突然やってくるのだ。「気のせいだろう」と、軽く見過ごす。しばらくして同じような日が来る。その間隔が狭くなり、ついに着る度に重く感じるようになる。わたしの場合は80才過ぎてからだった。

ケチな性分なので、服が重く感じたくらいでお払箱にするなんてもったいない事はしない。覚悟と気合で腕を通してきた。

昨冬、寒い日だったのでふダッフルを着た。重い!これまで感じたことのない重量感。まるで重い荷物を背負っているようだった。

これはまずい!ついにじじいを認める日が来たか。気分は「YOUNG AT HEART」だったのに……。

(おわり)

361:初詣には何を着るべきか


「初詣」には何を着るべきか。

昔は礼装で参拝したものだった。男性の紋付羽織袴、女性の振袖姿が珍しくなったのは何年頃だったか。いつの間にかカジュアル化し、いまや初詣だからといって服装に気をつかう人は少数派だ。

わが身を振り返ってみる。初詣といえば決っていた。ダッフル・コートが圧倒的。温かい上にデザインも正月に向いていると、勝手に決めていた。

元々は英国海軍の制服だから、寺社に着て行っても失礼には当たらない、などと理屈を付けてダッフルで押し通していた、それも同じコートで。このコートは1972年、厳冬のスコットランド行きに合わせて購入したのだから、今年で49年になる。これぞ今はやるの「持続可能」のお手本みたいなモノ。

愛用…いや、偏愛のダッフルを今年の初詣には着なかった。コート自体はいまだにしっかりしているのだが、着る方がへばってきたからだ。

(つづく)

360:2021年、変わるべき初詣


今年の「初詣」はこれまでになく様変わりした。新型コロナウィルス完成拡大の影響を受けて「密」を避けるため、参拝客でにぎわう有名神社は「分散参拝」を行った。また、暮れのうちに参拝を前倒してすませてしまう「幸先詣(さいさきもうで)」という名の試みも始まった。

昨2020年の三が日、318万人が参拝した「明治神宮」(東京・渋谷)は、夜間は中止、分散参拝に踏み切った。これを機に初詣も変わるべきだ。

本来、初詣は自分が住む地域の「氏神様(うじがみ)」や寺に参拝するものだった。ブランド大好きな国民性にマッチして、有名神社へ行くのがファッションとなり、大混雑を招く事に陥った。わたしは子どもの頃から地元の「吹上神社(ふきあげ)」と決まっていた。

地元の神社の良いところ。人が少なく「密」とは無縁、ゆっくりお参りできること。その分「御利益」もきっとある……のではないだろうか。

(つづく)


©Tokyo-Jinjacho

359:「個」が試される2021年


2021年明けましておめでとうございます。穏やかで健康な1年でありますように。

昨年は新型コロナウイルス感染症に振り回されたが、今年は自らのペースで過ごせる日々を期待しよう。

コロナ禍はわたしたちの衣食住に大きな変化をもたらした。それもかなりの圧力を持ってだ。商売柄、衣食住の「衣」に関心が向かうのはしかたないが、この変化はこれから先の衣生活について考えるヒントを与えてくれたと。ポジティブに受け止めている。

家にいる時間が増えたのと比例して、家で何をどう着るかに関心は向かうだろう。これまで気になっていた「他人の目」より、「自分にとって」かいてきで健康課が最重要になることは間違いない。

おしゃれには「個性」が必要といわれて久しいが、これからは本当の意味での「個」が試される。個人が持つ服飾センスが問われ、明らかになることだろう。

358:スローライフの2020年


思えば2020年という年は「コロナ」に振り回された1年だった。

わたしは数年前から、家を中心としたライフスタイルに切替えていたので、「家ごもり」も苦にならずスローライフを楽しんだ。

だが、働きざかりの世代にとって、この1年は、さぞやストレスのたまる年だったろう。

コロナのせい? おかげ?で生活リズムを崩された人たちにとっての今年は、さぞかし大変な12ヵ月になったことと思う。

だが、モノは考えようで、イマを中心に思えばこれまでの生活が恵まれていたとも考えられる。

不自由とはいうが、多くの人々にとってガス、水道、電気といったライフラインは正常。仕事はテレワーク、オンラインで保てる。など、衣食住に困ることはない。

戦中、戦後の食糧難を体験したわたしには豊かに見える。

来る2021年が明るくマスクなしの1年になりますように。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
2021年1月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

PAGETOP