Maker's shirt 鎌倉

Maker's shirt 鎌倉

くろすとしゆきオフィシャルブログ

300:おかげさまで300回


「さかさメガネ」がおかげさまで300回。

短かったのか長かったのか……。1回目(2014年2月)から100回目まではずい分長く感じた。200回(17年12月)からの100回は早かった。アッという間とは言わないが、気が付くと200回も半ばを過ぎていた。

5年前のスタート時を思い出してみる。週1回、原稿用紙1枚、400字の原稿を「鎌倉シャツ社」にFAXすることに。内容はわたしの自由、コマーシャルは一切入れない約束で。

なんでFAXかというと、わたしはパソコンが使えない。PCどころかケータイ、アイフォンのたぐいを手にしたことがない完全なるアナログじじい。この原稿も原稿用紙に鉛筆(UNI-3Bでなければならない)で、1文字1文字書き込んでいる。 

アナログ世界が、K社のおかげでブログ化されているという次第。ありがたいことだ。

(おわり)

299:「のっぽ物語」のジェーン


今回の新聞報道で受けたショックは2つ。
1つは「後ろ手に手錠をかけられ連行される様子が、テレビで報じられた」だ。いくら違法とはいえ、女性の手錠姿をテレビで流すなんて……。お気の毒。

いまひとつ。それはフォンダの年齢が81才のおばあさんになっていたこと。わたしのジェーンはあの「のっぽ物語」のまま、永遠に年を取らない、自分がじじいになっているのを忘れて。 
「のっぽ物語」以降、彼女はいろいろな映画に出演したが見なかった、いや見たくなかった。

彼女は映画以外、ベトナム反戦運動など、政治活動に積極的に関わってきた。今回は反戦ではなく、地球温暖化防止を訴えた。しごくまっとうな抗議行動と思われる。温暖化防止といえば、スウェーデンの16才少女グレタ・トゥンベリが脚光を浴びているが、わたしに言わせればジェーン・フォンダにも光を……。

(おわり)

298:ジェーン・フォンダ釈放


「ジェーン・フォンダさん一時拘束」。新聞の見出し(10月13日)にショックを受けた。フォンダはわたしにとって、アイビーのアイコンだったからだ。

新聞記事をそのまま引用。「『帰郷』『9時から5時まで』などの映画に主演した米女優ジェーン・フォンダさん(81)が10日、地球温暖化防止を訴えて米首都ワシントンの連邦議会前で無許可の抗議行動を繰り広げ、警察に身柄を拘束された。その後、釈放されたという。

フォンダさんは赤いコート姿で抗議行動に参加。後ろ手に手錠を賭けられ連行される様子が、テレビで報じられた。『ニューヨーク・タイムズ紙(電子版)』などによると、首都警察は『違法デモに参加した16人を逮捕した』と説明した」(東京新聞)

わたしにとってのフォンダは、映画「のっぽ物語」(1960年)で、アンソニー・パーキンスと共演したあの日のままなのだ。

(つづく)

297:昭和の「旅支度」


「旅支度」というコトバ自体、昭和のニオイがする。旅行がいまほど日常化されず、「ハレ」の行事だった。まして海外旅行といったらごくひとにぎりの人しか体験することができない時代。

「兼高かおる世界の旅」(1959~90年)が人気テレビ番組になったのは、海外旅行が夢のまた夢だったからだ。兼高さんが何かに書いていた、彼女のカバンはびっくりするくらい小さかったと。

昭和の旅行、それはひと目でベテランとビギナーの区別がついた、持ち物である。旅慣れた人のカバンは小さく、初心者のは大きい。

いま、旅支度といわれた旅のノウハウはない。大きくてしかも楽々引っ張れるキャスター付きケースが出来、あれも、これも、なんでも入れられる。着回しなど考える必要は不要になった。

旅行カバンは、小さければ小さいほどカッコよかった昭和の旅行が、懐かしく思い出される。

(おわり)

296:かさばるキャリー・ケース


「平成の困ったファッション」その4。

「令和」の御世になって思うこと。平成はファッション業界にとって、いいニュースなどひとつもなかった、困ったことばかり。忘れないうちに書き残しておく。

「フェイク・ボタンダウン」「サイドファスナー付きシューズ」「シャツの裾」に次いで書いておきたいのは「キャリー・ケース」。

キャリー・ケースのなにが困るかというと、例外なく「かさばる」ことだ。新幹線ホームが混雑する元凶はキャリー・ケースにある。こいつはハードケースなので、いたずらに場所をとる。

昭和のスーツケースは、大きくなれば重くなるのが当たり前。手に持ったことを考え、内身を最小限におさえて小さ目のスーツケースかボストンバッグで我慢した。ところが、キャスターが付いたおかげで、女性でも大きなカバンを楽々と引っ張れるよき時代になった。

キャリー・ケースはますます大型化、旅支度は変わった。

(つづく)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ

PAGETOP